届かないキーボードを使ってみた Moky - Invisible Touchpad Keyboard

届かないクラウドファンディング Advent Calendar 2018 - Adventar で紹介したキーボードが届きました!

なんなの

一見、ただのコンパクトなワイヤレスキーボードですが、キーの表面がタッチパッドになっているという代物です。 タッチパッドのスペースがない分、コンパクトで便利といったものです。

見た目とか

スマートケースも注文していたらしく、それも同梱されていました。 どこかで見た折って使えるケースで、タブレットのスタンドにもなるようです。

こんな感じ。 高級感もないですが、安っぽい感じもないです。 コンパクトで可愛い感じ。

Image

キーの打ち心地

ペラペラなので、それなりと言った感じ。 この記事もこのキーボードで書いてますが、特に問題は感じません。快調です。 たまにはこういう打鍵感も良いかも、とか思ってます。

Fn キーとか

特殊キーは気づいたものだけで ↓ があります。

タッチパッドの操作感

タッチパッドは通常時は、反応しません。キーの入力中にカーソルが動いたらウザいので当然ですね。 ではどうするかと言うと、下部の左右ボタンを触っている間だけ、タッチパッドが有効になる仕組みです。 ちょっと触って気づいた範囲ですがタッチパッドとしては、以下の機能があります。 (Windows 10 で試しました)

普通のタッチパッドよりは少し反応がいまいちな気もします。 PC でつかっているせいかもしれませんが、移動速度が遅いのもちょっと気になります。 (OS の設定でどうにかできそうですけど)

ドラッグはやりづらい

位置的にタッチパッドの左右ボタンは親指で押す(触る)人が多いと思いますが、親指で触りつつアイコンなどをドラッグしていると途中で落とすことがありました。 人差し指だとほぼ問題ありません。指のどの位置で押すかも関係あるのかも。

もっとも、前述の通りタッチパッドモードにロックするキーがあるので、それを使えば良い気もします。

(操作感について、わたしはキャットですので、ドッグと似た感じのドラッグが辛いだけの可能性はあります)

スマートケース

キーボードとケースにマグネットがついているようでピタリと張り付くようになっていて、簡単に装着できます。 素材的にもそこそこしっかりしてます。 ちなみにそれなりの磁力らしく、磁石のつくようなデスクだと天板の下にはりつけたりもできます。 放っておく分には落下しない程度にくっついているので、収納性も抜群かも。

接続性

何故かすぐに切断され、再接続になることがあります(再ペアリングは必要なし)。 こういうときは再接続に数秒かかります。 間違っているかもですが、(毎回ではないですが)同時に別接続のマウスを使うと駄目っぽいです。 今の所、単体でこれだけ使っていると問題ありません。 慣れでついマウスを触ってしまうだけで、このキーボードと普通のマウスを併用する意味はないので、実質的な害はないかも。

電源スイッチの位置

裏側にあるので、ケースを外さないと駄目です。 マグネット式なんで簡単に外れますが。

電源つけたまま一晩放置しちゃいましたが、バッテリは残っていたのであまり気にしなくても良いかも。

ただ残念なことに、充電は Type-C ではなくて Micro USB です。

総評

便利な専用スマートケースもあり、コンパクトで素晴らしい!!

なんか気になることがあったらコメントしてください。

以前の記事

届かない 不可視タッチパッドキーボード - 地獄のネコブログ

コンソールの色付け用のマクロ crate 書いた for Rust

色付けるのは、たくさん見つかるんだけどイマイチすっきり書けないのが多かったので書いちゃった。

deco - Cargo: packages for Rust

fn main() {
  dprintln!([red bold "RED and BOLD TEXT" !]);
  dprintln!([red bold "RED and BOLD TEXT with argument `0x{:x}`" !] 0xbeef);

  dprintln!([red bold "RED and BOLD" reset " ... NORMAL"]);

  dprintln!([yellow on_red "yellow on red" !]);

  let mut out = "".to_owned();
  dwriteln!(out, [italic "ITALIC TEXT" !]).unwrap();
  println!("out is {}", out);
}

想像を越えた操球感! エレコム HUGE

Image

↑こいつ買ってみました。

確かに想像を越えていた!!

悪い意味で。

妙に球の動きが渋いです。 何か塗布したほうが良いのか…。

また、ボタンが色々付いているのは良いけど、球の左の付いているボタンとかはちょっと遠すぎる気がします。

ホイールはまぁまぁで、チルト機能もついてるようです。 チルトは軽くて結構やりやすい。

一応アマゾンのリンクも貼っておきます。

Amazon | エレコム トラックボールマウス 無線 大玉 8ボタン チルト機能 ブラック M-HT1DRXBK | ELECOM(エレコム) | トラックボール 通販

2019-01-05T22:52:28 追記

ホイールの位置が悪い。 指が窮屈になるような配置。

2019-01-06T17:41:10 追記

ボナンザなるものを塗ってみた。 大分マシになった気がする。 (慣れた可能性もある)

ただ、全体的にボタンの位置が悪い気がしてきた。 手が小さいといけないのかも。

深夜に何も作業していなかったら Windows をシャットダウンする

タスクの条件の「アイドル状態_云々」がポイントのようです。 ↓みたいに設定しました。

Image Image Image

1:00 にタスクが起動して、アイドル状態が30分経過していれば実行して、そうでなくも 1 時間粘るみたいな挙動っぽいです。

上手くいけば、今夜いつのまにか電源が落ちているはず!! (つまり、これであっているかまだ確定していません)

IMD555 に教えてもらいました。

ありがとうございます。 もっと面倒なことを考えていました…。

2019-01-06T10:46:55 追記

昨晩、ちゃんと動作してシャットダウンされていることを確認できました。 アイドル関係の挙動は、不明ですが多分大丈夫でしょう!

8BitDo N30 Pro 2 マニュアル

いつも書いてる自分用メモからコピペ

スペック

  • USB Type-C
  • Bluetooth
  • ジャイロ
  • ボタン A/B/X/Y/L1/L2/R1/R2/Select/Start/Capture/Home
  • デジタルトリガーボタン (LT/RT)

ボタン

下の三つは左から

  1. ★ Capture
  2. ペアリング
  3. Home

モード変更

Windows (XInput) : Start+X を長押し Android (DInput) : Start+B を長押し Switch : Start+Y を長押し Mac OS X (謎) : Start+A を長押し

ペアリング

↑でモードを選択して起動後、下部中央のペアリングボタンを長押しする。

連射機能

連射設定にしたいボタンを押しながら ★ボタンを押す。 設定できるのは、A/B/X/Y/L1/L2/R1/R2 (スティックのボタンは?)

スリープモード

10 分で入る。Start で解除。

コンパクトな Bluetooth ゲームパッドを買った - 8BitDo N30 Pro 2

こんなの。

Image

クラウドファンディングALL Controller なるものをポチっていたけど、例によって遅延しているので買ってしまった。 ただ、結構使いやすいのアタリかも。

よいとこ

  • USB Type-C / Bluetooth の両対応
  • DInput と XInput に対応 (説明書では Android 用/WIndows 用という表現だった)
  • コンパクト
  • 意外ともちやすい
  • 軽量 85g くらい
  • 重量のわりとしっかりしている
  • 見た目が好き
  • Nintendo Switch のジャイロにも対応してるらしい

わるいとこ

  • アナログスティックが入りっぱなしになる (ハズレ固体?、ちょいちょいいじるとなおる)
  • LT/RT (トリガーボタン) は押しにくいかも
  • トリガーボタンは、アナログじゃない(たぶん)
  • 格闘ゲームなどで十字キーを激しく使うと痛い

リンク

Amazon.co.jp: 【Nintendo Switch / レトロフリーク対応】 8BitDo N30 Pro 2 Bluetooth GamePad C Edition - Switch: ゲーム

自動イルミネーションの二本足 LED

自動イルミネーションの二本足 LED

この記事は ⌨️自作キーボード #3 Advent Calendar 2018⌨️ の 12 日目です。

昨今は LED もフルカラーでビカビカ 光るのも当たり前になってきました。 しかし、LED が載るキットは多いもののフルカラーのは比較的少ないと思います。

そこで、OST1MA3131A !

足は2本だけど、自力で色を変化させてくれます。 変化の仕方は一定っぽいんですが、完全に同期しないので徐々にずれてきて、かえって楽しい感じになります。

こんな感じ↓

ちなみに以前は秋月電子通商で 1 個 50 円くらいで売っていたんですが、無くなってしまいました。 以前探したときは、日本で安く買えそうなところはなかったので TME で在庫全部買いました。

ここ→で買えるのでポチりましょう。OST1MA3131A OPTOSUPPLY - LED | TME - Electronic components

寒くなりましたし、キーボードも目玉も光らせましょう!