青く光るボールの CST レーザートラックボール

青く光るボールの CST レーザートラックボール

ちょっと前に Massdrop でぽちったのが届いたので使ってました。

外観

淡く光ってます

まぶしくはありません。

たま

中身

よくある人工ルビーなどの球ではなく、ローラーで支持しています。 センシング自体は、レーザーのようです(写真右のローラーの左の物体)。

なかみ

ホイール

上にある円柱が、ホイール。 軽い力でスルスル回ります。 ホイール自体は、クリックできず、下のボタンが中クリックになるようです。

まわる

闇に蠢く

部屋を暗くすると素敵。

らんぽ

お値段

本体 99.99 USD + 13.50 USD でした。 ただし、いくつもバリエーションがあって、値段が違います。

↑のには付いていませんが、外付けのスイッチデバイスを装着できるジャック付きのバージョンとかもあります。 (多分、自分で好きなのをつけろという感じかと)

こなみかん

ボールがローラー支持なので、最近のトラボとちょっと違った感じですが、これは慣れました。悪くはないといった感じです。

ただ、ホイールが上にあるのが辛い。手が小さいせいか、使いづらいです。

細かい点としては、ボールにはじめから傷がありました。転がしに影響は与えているわけではなさそうでしたが、ちょっと残念感がありました。

光る以外は、チープというか地味な印象です。

でも光る。

zenity (GUI な入力ダイアログとか出すアレ) のフォークの yad

いつも zenity を使っているんだけど、今日ダイアログのサイズを変えようとしたら驚愕の挙動に出くわしてしまった。

zenity --entry --width=800

とすると、幅 800px で入力ウィンドウを出してくれるんだけど、これが…

せまい

この有様!!! ウィンドウだけ巨大化してる。 普通こういう挙動を期待しないと思うんだけど…。

yad

↑そんなわけで、ぐぐっていたら yad などなるフォーク版を発見。 実行したこちらは期待通りの挙動。

ひろい

やった!!ひろい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! ちなみに、Arch Linux だと AUR にパッケージもありました。

公式はこちら? YAD download | SourceForge.net

Zenity

シェルスクリプトから GUI な入力ダイアログを出したりするツール。 入力系だけでなく、プログレスバーとかもできたはず。 便利なので使いましょう。

ここスクリーンショットでわかりやすい。

ニコニコ動画で画面中央に出てくるウザイのを抹殺するやつ for Vimperator

プレミアムにすると早くなるよ的なことを出す細長いアレ。 特に速度的に再生に問題が無くても出てくるのでウザイですね。

style -name anti-fucking-niconico-hate-campaign www.nicovideo.jp .VideoStalledPremiumLinkContainer { display: none ! important }

Barocco RGB LED バージョンのカールコードの代替について

追記

 だそうです。

でも、動かないんだけど…。

実は同じに見えるだけで、ケーブルは2種類あるのか???

ケーブルが2種類ある??

よくよく Amazon のページみたら、ケーブルはホストケーブル仕様と書いてある。

しかし、送られてきたのはそうなってない(普通の USB ケーブル)。

 

 

以下の記事、ケーブルの仕様はあってると思うけど、無印とRGBで異なる、というのは事実じゃないようです。

 

 

 

カールコードの替りが見つからない

さきのエントリ の Barocco キーボードには、左右のキーボードを接続するケーブルが付属しています。

しかし、これ、短かくてカールコードも固い!

せっかくの分離キーボードなのに意味があまりない状態でした。

そこで、にるぽさんの記事 にあるケーブルをポチったのですが、どういうわけか、これが使えない。

色々調べたところ、ノーマルバージョンとRGBバージョンでは必要となるケーブルが異なるようです。

RGB バージョンのケーブルの仕様は↓こんな感じ(っぽい)

  • 両端が MicroUSB の B のオス。
  • ID と GND がショートしている。Wikipedia

こんなん、どこに売ってるんだ!

実際、探しても見つからない。

 

作るしかない

しかたないから作るわけですが、ちょっと楽かつ汎用的にするために、OTG ケーブルというのを使うことにしました。

OTG ケーブルは、スマホと普通のUSB機器を繋ぐためのもので、通常の USB のメスと Micro USB のオスのケーブルで、都合のいいことに ID と GND がショートされています。

なので、メス同士を接続する双頭ディルドー的なもの作るだけで良いというわけです。

ちょうど家に↓な感じの USB コネクタ部品があったので、こいつを使うことにしました。これを二つくっつければ双頭ディルドーになる寸法です。

http://gyazo.snca.net/2017/06/03-210855-894b5375c111fab8420237f0d4d5d403.png

同じ端子同士をくっつければ良いので、↓のように表裏互い違い(?)になるように合わせて接続しました。一応外側の枠みたいなのも半田づけしてあります。(写真は OTG ケーブルを接続済みです)

http://gyazo.snca.net/2017/06/03-211342-fc8199e532e2fd03eb643d1dfa758bb1.png

とりあえず、動作も確認できたので、L字の OTG ケーブルを探してみようかと思っています。

(巻取式のもいいかもしれない)

 

それにしても面倒くさいケーブルはやめてほしいですね。

 

完成品

グルーガンでコーティングした上にダクトテープを巻いて、その上に意味なく Dymo のラベルを貼りました。

http://gyazo.snca.net/2017/06/03-212414-f4fbf90cefa3665fcee1adaa13be064a.png

 

既製品

未確認だけど、こういうのもあった。使えそう。

Amazon OnvianTech USB 中継 A 変換アダプタ コネクタ付きコネクタ

Amazon 3Aカンパニ3Aカンパニー USB3.0 中継プラグ Atype オス-オス USB変換アダプタ UAD-P30A

プラグの表裏の組み合わせが違うっぽいので、使うケーブルにあわせて選ぶのがよさそう。

普通配列の分離キーボード「Barocco」買ったので光ってます。

Cherry の Silver 軸を Massdrop で買いました。

 

気づいたこととか

  • 左右に MiniUSB 端子あり
  • 左は片側専用接続なのか、二つをつないでいると動かない
  • 左右を繋げるケーブルは MicroUSB
  • 右キーボードの右端に MicroUSB ポートがあり、テンキーなどを接続できるらしい
  • RGB LED で光りまくる (光るモードは10種類くらいある??)
  • LED の色のカスタマイズもできる
  • キーマクロあり(各キー毎に32キー分登録できる)
  • キーのリマップもできて、3レイヤはカスタマイズできるっぽい(+固定の default レイヤ)
  • 右キーだけで操作できるように 右下のモディファイアキー4つが矢印キーになるモードあり
  • QWERTY/DVORAK/COLEMAK はデフォルトで入ってる(レイヤとは別)
  • N-Key Roll Over
  • 左右のキーボードは、マグネットで なんとなく、くっつく(普通に使っていてずれたりはしないが、もちあげると簡単にはずれる
  • 分離しているスペースキーは、それぞれ別のキーをマップ可能

http://gyazo.snca.net/2017/05/26-204653-30b2ccbad8d146fb39a26546fe54685e.png

 

おまけのキーキャップリムーバ(と謎キーキャップ)、よく付属していて10本以上もっている気がするが、みんな地味なやつので、これはちょっと嬉しい。http://gyazo.snca.net/2017/05/26-212351-e60f40f66c57b678c84712d0195388d9.png 

ところでなんで Caps Lock は相変わらず存在するの?なんでなの?

 

追記

キーボード間を接続するケーブルは、MicroUSBのオス<->オスなんだけど、付属のケーブルは固めのカールコードで、距離を取りにくい…。

交換したいけど、MicroUSB のオスオスケーブルって普通にうっているんだろうか。

Ducky Pocket が早速沈黙する

デモモードを試したあとに、PC に再接続したらうんともすんとも言わなくなってしまった。

しかし、困りつつも勘で電池を取りはずしてから再接続したらなおりました。

再度電池を入れたら、電池残量表示が 0 になっていたので、死にかけの電池入れると良くないのかも。

(といっても、パナソニックの新品だったんだけど…。偽物か??)

「RGB LED + 電卓 + テンキー + メカニカルスイッチ + キーマクロ」な Ducky Pocket を買った

Massdrop で素敵なテンキーをポチりました。

よく調べないでポチったがなかなか多機能。

  • RGB LED
  • 複数の LED のライティングモード
  • 説明書がまちがっていてイマイチわからない LED のカスタマイズ
  • テンキーだけど、フルキーが使えるマクロ (キーコードでマクロを設定する)
  • RPN じゃない電卓 (もちろん PC に結果を送信できる)
  • スタンドアロン電卓
  • モバイルバッテリでデモモード(キー入力無効でLEDビカビカ)

ステキな箱 キーホルダーがおまけについてきた

http://gyazo.snca.net/2017/05/25-202643-fd4dc58445abfb980dde338401080bd1.png

あやしく光る!!

http://gyazo.snca.net/2017/05/25-202701-0a1eb5153867f5f199c46d8beb7f6fe0.png

これで RPN 電卓だったら完璧だった。