8BitDo のマウス (N30) を買った

Aliexpress の自称公式ショップで買った。

こんなの

お写真

仕様

  • USB ドングル接続 (Bluetooth は無い)
  • 左側面のボタンは、PageUp, PageDown, 謎のマウスボタンの Side と Extra
  • 赤いボタンの間にタッチセンサーがあり、スクロールできる
  • 中クリックは無い
  • ドングルは電池ボックス脇に収納できる
  • 単三電池一本で駆動

感想

  • 小さいボタンになるので、押しづらい
  • スクロール用のセンサーがイマイチ、意図とは逆にスクロールすることも多い
  • サイドのボタンは、Web ブラウザのページスクロール用に便利かも?
  • 角ばっているので、長時間の使用は痛そう

結論

ネタマウス。見た目が命。

ビックリマンチョコみたいなお菓子ザッキー

シールいらないし高い気がするので、調べてみたらザッキーというお菓子があるらしい。 どの程度の違うんだろうか、調べてみた。

ザッキー

ビックリマンチョコ

ワンピースマンチョコ

なぜか安いワンピース。

結論

ザッキーは小さいので、思ったよりは価格差がなかった。

ちなみに味は、大体同じな気がしました。 しかし、ビックリマンチョコを食べたのは遠い昔なので、気のせいかもしれません。

Android で物理キーボードの CapsLock を抹殺する!

アプリを使ってちょっと設定するだけでした。

1. アプリをインストール

これ

play.google.com

2. CapsLock 抹殺の設定をする

対象の物理キーボードが接続されていないと駄目かも。

機種によって違いがありそうですが、設定を ↓ のような順で辿ったらでてきました。

  1. Additinal Settings
  2. Languages & Input
  3. Physical Keyboard
  4. キーボード名が薄らと書かれている下の Gboard などの名前をタップ

最後に ↓のようにわんさか出るものから [Caps] → [Ctrl] と選択する

https://gyazo.snca.net/2019/11/30-111100-1011bb5ad40347352287cf4d171dfba9.png

feedeen が API を試験公開してくれたので、未読数を Clojure で取得してみた

「未読数取得できたら良いなぁ」みたいなことを呟いていたら、なんやかんやで API を作っていただけました。 (試験公開とのことですが)

ありがとうございます!

サンプルは Ruby だったけど、rbenv とかやりたくなかったので、jar を作れる Clojure で早速やってみました。 これを cron で日次で動かして、ログを取ってみます。

github.com

feedeen.blogspot.com

積みすぎな様子↓

https://gyazo.snca.net/2019/11/06-210431-0d3be740c3d70a349fa97353dab80175.png

プレイリストファイルを作るスクリプト

新しく買った DAPディレクトリ以下を再生みたいなことができないので…。

#!/bin/bash

set -euC


if [ "$#" -lt 1 ]
then
  echo "$0 <ROOT_DIR> [<MIN_DEPTH>]" 1>&2
  exit 1
fi


PL=all.m3u
root="$1"
mindepth="${2:-1}"

while read -r dir
do
  echo "$dir"
  (
    cd "$dir"
    echo '#EXTM3U' >| "$PL"

    find . -type f \
      -iname '*.mp3' -or \
      -iname '*.m4a' -or \
      -iname '*.ogg' -or \
      -iname '*.wma' \
      | sort \
      >> "$PL"
  )
done < <(find "$root" -mindepth "$mindepth" -type d)

Vim の popup 機能使って、AWS CLI 用の環境変数設定するプラギン作った

↓こんな感じ。

https://gyazo.snca.net/2019/10/01-193538-25166eb6ced0a82f391d3b709097ccb7.gif

ポップアップメニューの作成は超簡単で↓みたいなコードで、キーで選択することまで作れちゃう。 s:profilesAWS のプロファイル名のリストで、s:on_profile_selected が選択後に呼ばれる関数。

  call popup_menu(s:profiles, {
    \ 'pos': 'center',
    \ 'drag': 1,
    \ 'callback': function('s:on_profile_selected')
    \ })

github.com